宇宙物質科学研究室(新原研)

当研究室では、宇宙物質、特に隕石試料の分析を通じて、太陽系の起源や進化過程の理解を目指しています。

また、火星での過去から現在にかけての生命生存可能性を探る、アストロバイオロジー分野の研究にも取り組んでいます。

興味のある学生はD2号館3Fにお越しください。

当研究室希望の学生は以下の授業の履修してください:地球科学I、地球科学II、地学実験、鉱物科学、環境地球化学、地球科学実験

また、そのほかの地学系科目の履修をお勧めします。

 

2022年度 宇宙物質科学研究室ゼミは火曜日の15:00~です。研究室以外の学生で参加希望の方は、新原まで連絡ください。

新原研究室紹介(youtube)

岡山理科大学で行われてキッズスペースパークに出展しました

10月1日に岡山理科大学で行われた、キッズスペースパーク(岡山青年会議所主催)にブースを出展しました。

隕石の展示・分析体験、真空実験、探査機操縦体験を行いました。

隕石の展示では、研究室に所蔵している小惑星起源、小惑星ベスタ起源、月起源、火星起源の隕石を展示し、4年生が解説を行いました。

また偏光顕微鏡による小惑星起源隕石の観察も行いました。

隕石の分析体験では、株式会社エビデントの協力をえて、ハンドヘルド型蛍光X線装置や、火星探査機に搭載された分析器を汎用化したXRDについて展示と体験を行いました。

真空実験では、真空槽の中に風船やドローンをいれ、地球と宇宙の違いを学びました。

探査機操縦体験では、天体表層の砂礫(レゴリス)を想定し、子供たちに砂の上を走りやすいタイヤの形を考えてもらい、レースを行いました。

基礎理学科の1年生から4年生および科学ボランティアセンター、天文部と多くの学生にお手伝いをいただきました。御礼申し上げます。


イベントの様子は、KSB放送やRSK山陽放送にて放送されました。

KSBニュースRSK山陽放送

50周年記念館にて隕石の展示が始まりました

50周年記念館にて、隕石の展示が始まりました。
鎌滝研究室の4年生にも手伝ってもらいました。
主な展示物は
主な展示品
・月起源隕石 
・火星起源隕石
・小惑星起源隕石
・南極の岩石(ガーネット片麻岩)
です。
 
D2号館3F 研究室内の隕石展示も継続していますので、ぜひご覧ください。
基礎理学科の専門科目「鉱物科学」(2年次開講)にて隕石について詳しく勉強します。

50周年記念館隕石展示

隕石の展示がもうすぐ始まります。

新原研が所有するほんの一部の隕石が、50周年記念館1Fの展示室に並びます。

まだ調整中ですが、もう少しで正式公開となります。

ぜひ隕石を見に来てください。

展示1

研究室にも隕石の展示と解説がありますので、興味のある人はぜひ見に来てください。