地球科学研究室の紹介

研究テーマ

HuttonUnc Rio山261

私たちの研究は野外での調査が基本で,持ち帰った試料から様々な地球の営みを理解することを目指しています.たとえば,

 

 研究室メンバー

外部資金

<上記の研究を行う際に、主に以下のようなご援助をいただいています。>

2015年度(継続)原生代環境下における水—岩石鉱物相互作用とその後の地球環境形成に関する研究

日本学術振興会 科研費

2014年度(継続)原生代環境下における水—岩石鉱物相互作用とその後の地球環境形成に関する研究

日本学術振興会 科研費

2013年度(継続)原生代環境下における水—岩石鉱物相互作用とその後の地球環境形成に関する研究

日本学術振興会 科研費

2012年度(新規)原生代環境下における水—岩石鉱物相互作用とその後の地球環境形成に関する研究

日本学術振興会 科研費 基盤研究C/4,160千円

2008年度(継続)環境負荷低減を考慮した資源の確保 —特に、中国新疆ウイグルの鉱物・エネルギー資源

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2007年度(継続)堆積物の自然残留磁化の重要な担い手であるグレイガイトの熱磁気的同定法の研究

日本学術振興会 科研費

2007年度(継続)環境負荷低減を考慮した資源の確保 —特に、中国新疆ウイグルの鉱物・エネルギー資源

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2006年度(新規)堆積物の自然残留磁化の重要な担い手であるグレイガイトの熱磁気的同定法の研究 代表者:鳥居政之

日本学術振興会 科研費 基盤研究C/3,100千円

2006年度(継続)環境負荷低減を考慮した資源の確保 —特に、中国新疆ウイグルの鉱物・エネルギー資源

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2005年度(新規)環境負荷低減を考慮した資源の確保 —特に、中国新疆ウイグルの鉱物・エネルギー資源 代表者:金田博彰

日本学術振興会 科研費 基盤研究B/11,200千円

2003年度(継続)中国南東部における鉱物鉱床の分布特性および資源量予測のための基礎研究

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2000年度(継続)酸性雨の岩石鉱物に与える影響に関する実験的研究 —炭酸、硫酸、硝酸、塩酸を用いてー

日本学術振興会 科研費 基盤研究C

2002年度(継続)中国南東部における鉱物鉱床の分布特性および資源量予測のための基礎研究

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2001年度(継続)酸性雨の岩石鉱物に与える影響に関する実験的研究 —炭酸、硫酸、硝酸、塩酸を用いてー

日本学術振興会 科研費 基盤研究C

2001年度(継続)中国南東部における鉱物鉱床の分布特性および資源量予測のための基礎研究

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

2000年度(新規)酸性雨の岩石鉱物に与える影響に関する実験的研究 —炭酸、硫酸、硝酸、塩酸を用いてー

日本学術振興会 科研費 基盤研究C/3,500千円

2000年度(新規)中国南東部における鉱物鉱床の分布特性および資源量予測のための基礎研究 代表者:金田博彰

日本学術振興会 科研費 基盤研究B/11,200千円

1999年度(継続)中国南西地域における鉱物鉱床の分布特性

日本学術振興会 科研費 基盤研究B

1998年度(新規)中国南西地域における鉱物鉱床の分布特性 代表者:正路徹也

日本学術振興会 科研費 基盤研究B/10,900千円

1996年度(継続)中国、雲南省における鉱床の分布特性

日本学術振興会 科研費 海外学術研究

1996年度(新規)摩砕タルクの水熱処理による各種粘土鉱物の合成 代表者:坂本尚史

日本学術振興会 科研費 基盤研究C

1995年度(継続)中国、雲南省における鉱床の分布特性

日本学術振興会 科研費 海外学術研究

1995年度(新規)摩砕タルクの水熱処理による各種粘土鉱物の合成 代表者:坂本尚史

日本学術振興会 科研費 基盤研究C/2,300千円

1994年度(新規)電気伝導度を用いた溶解度測定装置のシステム化

日本学術振興会 科研費 一般研究C/1,700千円

1994年度(新規)中国、雲南省における鉱床の分布特性 代表者:正路徹也

日本学術振興会 科研費 海外学術研究/17,400千円

1993年度(新規)電気伝導度による鉱物の溶解度の測定

日本学術振興会 科研費 一般研究C/1,300千円

1989年度(継続)ローディン岩の成因に関する実験的研究

日本学術振興会 科研費 一般研究C

1988年度(新規)ローディン岩の成因に関する実験的研究

日本学術振興会 科研費 一般研究C/600千円

1988年度(新規)三波川変成岩の冷却速度と上昇機構 代表者:板谷徹丸

日本学術振興会 科研費 一般研究C/1,700千円

1985年度(新規)赤外線吸収法による含水ザクロ石の水の定量

日本学術振興会 科研費 奨励研究A/800千円

酸性雨,温泉水などによる風化変質と,原生代から現環境下での実験的研究

産業革命以後,17世紀にすでにイギリスでは酸性雨(acid rain)の影響が懸念されており,この影響は主にヨーロッパからの情報が多かったことから,日本でこの問題を扱う例は少なかった.また,この影響は動植物への影響が大きく取り上げられてきた.ところが,岡山市のある寺院の花崗岩で作られた建造物が酸性雨(霧)の影響とみられる変質が認められたことから,その影響を実験的に行っている.これまで,pH2,3,4の硫酸,硝酸,塩酸,二酸化炭素飽和水,蒸留水を用い,花崗岩,はんれい岩,火山ガラス,長石類との相互作用に関する研究を行っている.

[caption id="attachment_1568" align="alignnone" width="300"]SANYO DIGITAL CAMERA Cambridge Univ.[/caption]

 

このテーマに関係する主な参考文献

* 坂本尚史、小林祥一 (1992) 地表条件下における長石類の人工変質-酸性雨の岩石鉱物に与える影響の研究(その1)-. 粘土科学、32(2)、108-120.

* 小林祥一、坂本尚史、柿谷悟 (1993) 地表条件下における花崗岩の人工変質-酸性雨の岩石鉱物に与える影響の研究(その2)-. 粘土科学、33(2)、81-91.

* Kobayashi, S., Sakamoto, T. and S. Kakitani (1994) Effects of acid rain on granitic building stone. Proceedings of 7th International Association of Engineering Geology 5, 3651-3658.

* S. Kobayashi, T. Sakamoto (2001) Artificial weathering of granite under earth surface conditions. Clay Science, 11(4), 349-367.

* S. Kobayashi, T. Sakamoto and K. Yamaguchi (2005) Artificial chemical weathering of gabbro under earth surface conditions -The influence of acid rain on rocks and minerals (Part 4)-. Clay Science, 12(6), 367-377.

* Kobayashi, S., Baba, Y., Kanayama, A., Naohara, J., Sakamoto, T. and Kitaoka, K. (2016) Artificial Chemical Weathering of Plagioclase by Acidic Hydrothermal Solutions  -The Effect on Chemical Composition of Hot Spring Water-. Journal of Hot Spring Sciences, 66, 89-106.

主に院生と行った研究報告など

—国際会議での報告—

* Mizuguchi, M., Ichiyasu, A., Naohara, J. and Kobayashi, S. (2016) Weathering of volcanic glass by acidic solutions under the earth’s surface conditions. Goldschmidt 2016, Yokohama, Japan, June.

* S. Kobayashi, A. Kanayama and J. Naohara (2015) Relation between chemical composition of seawater and weathering of basalt under the low oxygen condition in early stage of Proterozoic era. Goldschmidt 2015, Prague, Czech. August 16-21.

* Kobayashi, S., Ando, T., Kanayama, A. and Kusachi, I. (2014) Metaborate minerals form the Fuka mine, Okayama prefecture, Japan. 21th General meeting of the International Mineralogical Association, Johannesburg, S. Africa. September 1-5.

* S. Fujitaka, S. Kobayashi and J. Naohara, Artificial chemical weathering of basaltic rock under the earth surface conditions of the Proterozoic era.34th International Geological Congress, Aug. 2012 ( Brisbane, Australia).

* S. Kobayashi, A. Fujisawa, R. Miyawaki and H. Kaneda (2010) Anisotropic garnet from the Yamansu deposit, Xinjiang, China. The 20th General Meeting of the International Mineralogical Association (Budapest, Hungary)

* M. Trii, S. Kobayashi, K. Kodama and C-S. Hong (2010) Rock magnetic and X-ray diffractometric studies on natural greigite at high-temperatures. 2010 Wastern Pacific Geophysics Meeting (Taipei).

* Y. Baba, S. Kobayashi and T. Sakamoto (2008) Artificial chemical weathering of plagioclase under earth surface conditions. Goldschmidt 2008 (Vancouver).

* E. Ogura, S. Kobayashi, M. Jige and T. Sakamoto (2007) Artificial chemical weathering of mafic minerals under Earth surface conditions. Frontiers in Mineral Sci. 2007 (Cambridge).

* S. Kobayashi and H. Kaneda (2007) Rodingite from the Sartokay chromite mine, Xinjiang, China. Frontiers in Mineral Sci. 2007 (Cambridge).

* M. Torii, S. Kobayashi, K. Kodama and C-S. Horng (2006) High-temperature magnetic and X-ray properties of greigite from Taiwan. Kochi International Workshop on Paleo-, Rock and Environmental Magnetism (Kochi).

* T. Tomita, S. Kobayashi and T. Sakamoto (2006) Alteration process of gabbroic building stone by CO2 saturated water. 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (Kobe).

* E. Ogura, S. Kobayashi and T. Sakamoto (2006) Alteration process of gabbroic building stone by CO2 saturated water. 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (Kobe).

* M. Ohnishi, I. Kusachi, S. Kobayashi and J. Yamakawa (2006) Numanoite, Ca4CuB4O6(OH)6(CO3)2, a new mineral, the Cu-analogue of borcarite from the Fuka mine, Okayama Prefecture, Japan. 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (Kobe).

* T. Tomita, S. Kobayashi and T. Sakamoto (2005) Alteration of gabbroic building stone by artificial acid rains. 13th International Clay Conference (Tokyo).

* S. Kobayashi and T. Sakamoto (2004) Artificial chemical weathering of gabbro by CO2 saturated water under earth surface conditions. 32th International Geological Conference (Florence).

* H. Kaneda, T. Okamoto, S. Kobayashi and L. Gu (2003) Ti and V distribution of the Panzhihua iron deposit, Sichuan, China. IGCP (International Geological Correlation Programme)-473 “Paleozoic Geodynamic Processes and Metallogeny of Chinese Altay (Altai) and Tianshan” (Urumqui, China).

* S. Kobayashi, T. Sakamoto and F. Kobayashi (2002) Experimental chemical weathering of gabbro under the earth surface conditions. 18th General Meeting of International Mineral. Association Abstract, 194 (Scotland).

* S. Kobayashi, T. Shoji and Kaneda, H. (2000) Rodingite from western Yunnan Province, China. 31st International Geological Congress Abstract, II-6 (Rio de Janeiro).

* H. Kaneda, T. Shoji, S. Kobayashi, B. Xu, Y. Lai and L. Gu (2000) (Symposium: Recent progress on metallogenic research in East Asia) Geology and gold deposits in Sandong peninsula, related to mineralization of the Yingezuang gold deposit, China. 50th Resource Geology Annual Meeting Abstract, S-06.

* S. Kobayashi and T. Sakamoto (1998) Artificial chemical weathering of granite under earth surface conditions. 17th General Meeting of International Mineralogical Association Abstract, A49 (Canada).

* S. Kobayashi and T. Shoji (1996) Rodingite from Ailaoshan ophiolite zone, Yunnan, China. 30th International Geological Congress Abstract, Vol. 2 of 3, 457 (China).

* S. Kobayashi and T. Shoji (1992) Measurement of solubility by electric conductivity. 29th International Geological Congress Abstract, Vol. 1 of 3, 203 (Kyoto).

* S. Kobayashi and T. Shoji (1990) Hydration of grossular by hydrothermal annealing. 15th General Meeting of International Mineralogical Association Abstract, Vol. 2, 519-521 (China).

* S. Kobayashi and T. Shoji (1985) Infrared spectra of the hydrothermally synthesized grandite-hydrograndite series. Second International Symposium on Hydrothermal Reaction Abstract, 21 (Pen. State, USA).