花粉学研究室の紹介

 スギ ハイビスカス コバナヒマハギ 

岡山理科大学理学部基礎理学科の古環境解析研究室です。

花粉形態、花粉分析、空中花粉など花粉に関する研究を行っております。

 

研究内容には下記をご覧下さい。 

  花粉形態について・・・ 花粉形態研究

  花粉分析について・・・ 花粉分析による古植生変遷研究

  空中花粉について・・・ 花粉症原因花粉の飛散状況の研究

  花粉玉について・・・・ 訪花昆虫の花粉玉研究

これまでの研究成果については、こちら→をご覧ください。 研究室データベース

 

外部資金取得状況については、こちら→をご覧ください。外部資金

 

研究室メンバーについては、こちらをご覧下さい。 研究室メンバー

 

研究室のFacebookとTwitterがあり、こちらをメインに研究内容や研究活動などなどをUPしております。

是非ご覧下さい。いいね!やフォローもよろしくお願いします。

Facebook_New_Logo_(2015)_svg ←クリック!

Tiwtterロゴ ←クリック!

 

イシミカワ ハグロソウ ノアサガオ

日本地球惑星科学連合連合大会で発表

本研究室の総合理学専攻1年の野口さんが、5月20日~25日で幕張メッセで開催されている日本地球惑星科学連合連合大会2017年大会において、「アリューシャン列島、アダック島のハベン湖周辺の植生変遷」というタイトルでこれまでの研究成果をポスター発表いたしました。非常に大きな大会で様々な研究者の方々からの質問がありとても勉強になったそうです。

18558792_1683582181944771_7747580755041446422_o

ミツバチの花粉玉調査

大学近くのゲンゲ畑でミツバチの採取をしてきました。未同定ですが三種類のハチがいました。それぞれがどんな花に訪花し、どの花の花粉玉を作っているのでしょうか。4年生が卒業研究中です。

18238578_1675757506060572_4321051913492926855_o