情報宇宙研究室の紹介

  • 情報宇宙研究室
    • 高エネルギーγ線天体現象の原子核乾板による高角度分解能撮像
    • 大広域空気シャワー現象による高エネルギー宇宙線原子核組成の研究
    • 過去の彗星現象,太陽系外物質の流星による研究
  • 宇宙ガンマ線観測計画GRAINEの2015年豪州気球フライト実験データ解析

木星が「衝」

惑星は様々な星座を形作っている恒星と違い、天球上(夜空)では少々不規則な動きをします。そのような、惑星の天球上の位置や動きに関連する現象を惑星現象といいます。

 

11日、惑星現象のひとつである「衝」という現象が木星で見られました。

「衝」とは、地球より外側の惑星が太陽と正反対の位置にくることで、0時0分に南中します。太陽―地球―惑星という一直線(2次元的に)の位置関係にあり、つまり惑星版の満月みたいなものです。

 

ちょうど日付が変わるころ、真南の空にひときわ輝く木星が観測できました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真中央の明るい星が木星で、へびつかい座に位置しています。また、その南にさそり座、東にいて座が確認できます。いて座の弓の部分にかすかに天の川をとらえることができました。

 

惑星現象はそう頻繁に起こるものではありませんが、太陽系の中での地球の位置を考えるのに良い機会です。

6月は22日に海王星が「留」、24日に水星が「東方最大離角」を迎えます。

ぜひ空を見上げてみてください。

日周運動の撮影~vengeance~

以前みずがめ座η流星群のピークの日に、日周運動の撮影に挑みました(詳しくはこちら)。

そのとき撮影した写真について、伊代野大先生から、

・日周運動を撮影するとなると、やはり30分間のライブタイム撮影では時間が短い。

・ピントが合ってない。

というご指摘を頂きまして、ベンジェンスもといリベンジすることにしました。

 今回は5月24日22時10分~25日0時20分の130分間。正確には1分×130枚のコンポジット撮影を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は、はくちょう座のあたりを流星が何個か通過するのも観測できました。

また今の時期は夜が深くなると南の空に木星がひときわ明るく輝いて見えます。

 

ときには夜空を見上げてみるのも良いものですよ。

日周運動の撮影 ~伊代野研究室紹介~

5月7日0時台の日周運動の様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北極星をほぼ中心にして、空全体が反時計回りに回転して見えます。それが日周運動です。

実はこの日、みずがめ座η流星群がピークの日で、旧3号館にカメラを据えて待機していました。しかし、いわゆる「三大流星群」ではないこのみずがめ座η流星群。カメラで捉えることはおろか、目視すら厳しいものでした。

そんな流星群を今か今かと待っているときにふと撮影した一枚です。

2018年度卒業研究発表会お疲れ様懇親会&2019年度新ゼミ分け会

PartyAfterOralDefense20190222

4年生の皆さん,お疲れ様。3年生の皆さん,ようこそ。

2019年度は,4年生7名,修士1名,博士1名の9名の仲間が集まる情報宇宙研究室です。この研究室で春,夏,秋,冬を過ごして下さい。