リンク集

山崎正之のサイト

http://surgery.matrix.jp/indexj.html

 

Mathematical Reviews の中のMasayuki Yamasakiのページ

http://www.ams.org/mathscinet/search/author.html?mrauthid=241078

 

facebook

https://www.facebook.com/masayuki.yamasaki.9

 

幾何ゼミ卒業研究一覧

2017年度

  • 「閉曲線の回転数に関するホイットニー型の公式」 (足立健、雨森宥人、宇治歩夢、吹田尚貴、杉本志紘、園田哲也、橋本涼平、丸市榛名)


2016年度

  • 「双曲構造を持つ閉曲面の決定」 (甲斐裕美子、小林咲絵、城後有希、深野優)
  • 「完備双曲曲面における閉曲線の回転数」 (有永佳史、稲垣弘治、臼井駿、佐藤勝、山内康平)
  • 「グラフの彩色問題」 (高田健司)

 

2015年度

  • 「球面的およびユークリッド的曲面における閉曲線の回転数」 (津路圭太、上原翔太、坂口翔悟、寺岡拓馬、花岡知歩、八塚 正義、横田 大河)

 

2014年度

  • 「多角形の等周定理」 (加藤千景)
  • 「平面タイル貼り」 (神馬一毅)
  • 「球面幾何~空間の反転と立体射影~」 (角翔太)
  • 「ニュートンの13球問題」 (杉山史弥)
  • 「格子図形」 (外山司)
  • 「整数距離の点集合」 (玉城 幸平)

 

2013年度

  • 「移りゆく音律 ~先人達の愛した音~」(野口賀帆)
  • 「三角形の灯心 ~街灯一本による効率的な照らし方~」 (伊志嶺光司、小原木康弘、中村達也、西岡宏樹、水野慎一朗、笠 伸之介)

 

2012年度

  • 「ジョーンズ多項式とテイト予想」 (森本博)
  • 「地図の幾何学」 (豊島美波、中越良、牧野田充、吉中僚)

 

2011年度

  • 「定規による作図問題」 (勝川和樹) 2011.9

 

2010年度

  • 「正則なワードの連結和の研究」(古城正樹)
  • 「反復積分の幾何学」(谷口友渉)
  • 「コンパス作図」(中島進志、丹羽佑樹、森嘉彦)

 

2009年度

  • 「長方形の正方形分割 ~デーンの定理~」(伊藤直也、大西晃平)
  • 「バナッハ=タルスキーのパラドックス」(今井良、上橋祥司、佐野竜也)

 

2008年度

  • 「対称性の研究」(來須 良真)
  • 「球面幾何と双曲幾何における三角形の性質」(鵜飼 健悟, 近田 勇介)
  • 「Euclid の48の命題」(藤澤 徹)
  • 「格子多角形の面積と格子多面体の体積について」(吉永 純一, 脇坂 晋平, 渡邊 裕文)

 

2007年度

  • 「曲面・結び目・多様体のトポロジーの研究」 (片岡美絵・木下拓也・木村泰彰・内藤優・山口由加里)
  • 「ベクトル場とつむじ」(泉佳孝・構宏章)

 

2006年度

  • 「結び目と帯」 (金井理恵・白石睦美・中場圭佑・米谷隆信)

 

2005年度

  • 「空間の分割」(田村幸子・難波里恵)

 

2017年度幾何ゼミ卒業研究

春学期は"Topology of Numbers"を読みましたが、秋学期になって結局、一昨年度・昨年度の卒業研究(曲面上の正則閉曲線の回転数)の続きをしてもらうことになりました。とりあえず曲面としては向き付けられた完備ユークリッド的/双曲的曲面のみを考えて、その場合にすでにできている「回転数」Wの復習と、新たな正則不変量Iの導入、それらが一致することの証明を書いてもらっています。随時適当に分担を決めて、書いたものを幾何ゼミのファイルサーバ―にどんどんあげてもらっています。今月中になんとかまとまりそうです。

そのあと、向き付け不可能な曲面の場合に移るか、それとも発表の準備に移るかは未定。

2月に行われる卒研発表会に余裕で間に合うようなスケジュールになると嬉しいです。

 

3D地図

今日、9月卒業生の卒論発表会が開催されました。地学のN君一人の発表会でした。とても面白いサイトを教えてもらったので、発表会の後、早速遊んでみました。

そのサイト:地理院地図3D

http://cyberjapandata.gsi.go.jp/3d/

好きな場所の立体地図を作ることができます。発表では3Dプリンタを使った模型の作成の話をされましたが、webページも作ることができます(ただしOSや対応ブラウザに制限があるようです)。

三野の地図と理大の地図を作ってみましたので、マウスでぐりぐりして遊んでみてください。

三野:

http://surgery.matrix.jp/ent/3d/mino/

理大キャンパス:

http://surgery.matrix.jp/ent/3d/ridai/

 

※おまけで大阪・天王寺七坂付近の3D地図もどうぞ。

http://surgery.matrix.jp/ent/3d/nanasaka/

Topology of Numbers (by Allen Hatcher)

2017年度のゼミ生には、アラン・ハッチャーさんの "Topology of Numbers" という教科書で腕慣らしをしてもらおうと思っています。ご自身のサイトで公開しておられます:

https://www.math.cornell.edu/~hatcher/

AMS(アメリカ数学会)の Open Math Notes のページからもダウンロードできますが、不具合があって各ページの最下部が読みづらいです。

https://www.ams.org/open-math-notes/omn-view-listing?listingId=110676

内容は「数」の話ですので代数学ですが、図形を使うので楽しめそうです。

レベルは大学の初年次程度。問題は「英語」ですね。