青木一勝研究室の紹介

研究分野

 変成岩岩石学、地質学、テクトニクス

キーワード

 造山運動、変成作用、造岩鉱物

研究テーマ

  太古代沈み込み帯の変成作用/年代の解析

  白亜紀日本の構造浸食作用の化学分析に基づく解析

  地体構造境界と地質構造発達の解析(地域地質)

 研究活動の概要 

 野外調査をベースとして、岩石・鉱物試料の顕微鏡観察や化学分析(EPMAやLA-ICPMSなど)、包有鉱物の分析(ラマン分光器) などを駆使し、得られた結果をもとに、過去の海洋プレート収束域における構造運動(変成温度圧力、削剥物質供給、構造侵食など)を明らかにすることを目的とする。他大学の研究者とも連携して研究を行っている。

 

 img_01

さらに詳しい研究内容のお問い合わせはこちら → kazumasa(at)das.ous.ac.jp

卒業研究発表会

卒論発表 森本卒論発表 

青木研究室の学部生2名がそれぞれの行ってきた卒業研究を発表しました。

長い期間お疲れ様でした。

K-Ar年代測定

青木研では、K-Ar年代測定法を用いた研究を蒜山地質学研究所さんと共同研究を行い、その一部として新しい機械を作業の工程内に組み込む研究を行っております。

S__11665477

S__11665474

S__11665479

機械説明

・K測定装置

・Ar測定装置

・新導入装置

 

アメリカ地質学会(GSA)2019

2019年9/22-9/25、USA・Phoenixで開催されたGSA annual meetingにて
青木研究室の研究成果の一部を発表しました。

IMG_1440IMG_1425

共同研究with東京大+千葉大

恐竜研究の一環で、現世鳥類の骨のCa同位体分析を修士の学生と行いました。
刺激的な結果で今後が期待されます。

IMG_1347

日本地質学会第126年学術大会in山口県

9月23~25日に山口大学吉田キャンパスにて地質学会に青木研究室が参加いたしました。

B4生の松本君(写真1番上)は、今回が初の参加で強い刺激で、卒業研究発表に向けた良い機会であったとのことです。

地質学会21地質学会