入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)
 基礎理学科では、自然科学、数理科学、情報科学の各分野の基礎的かつ総合的な学習と複数の分野が融合する学際領域の研究体験を通して、教育界や産業界などで活躍できる人材の養成を目指しています。
 そのため、1年次から各分野の基礎的な知識・手法・考え方を講義・演習・実習を通じて身につけます。2年次秋学期からは「総合理学コース」と「理数系教員コース」に分かれ、自らが指向する分野の専門的知識・手法・考え方を身につけ、その能力を活用するために各分野の諸問題に多様な視点に立って主体的・協働的にアプローチする能力を育てていきます。

このような視点から、基礎理学科は以下のような学生を求めています。

求める人物像
●自らの将来を切り開くために、広範な科学の知識・手法・考え方を主体的・協働的な学習活動を通して身につけたいという意欲のある人
●総合的な科学知識を活かして、よりよい社会をつくるために活躍したいという意欲のある人
●数学・理科・情報に関する高い専門性を身につけた教員として、中学校・高等学校の教育現場で活躍したいという意欲のある人、あるいは理数系に強い小学校教員として活躍したいという意欲ある人
●大学院に進学し、自然科学分野のより高度な専門知識・技能を身につけ社会に貢献したいという意欲のある人

学んできてほしいこと
●高等学校の数学と理科の科目のうち4科目以上を履修していること
●数や図形に対する関心や探究心を有すること、あるいは自然に対する好奇心や探究心を有すること
●科学の基本的な概念や法則を理解していること